景表法について


景表法(「不当景品類及び不当表示防止法」)
は、不当な景品類及び表示による顧客の誘引を防止するため、公正取引委員会により定められた法律です。公正な競争の確保と一般消費者の利益を保護することを目的としています。
クレジットカード現金化店舗の販売方法は下記の分類の「もれなく型」に該当し、通常の景品ではその最高額が総取引額の10%以下に規制されています。
しかし、キャッシュバックは景品の例外に該当するため取引額の10%以上を合法的に提供することができます。


【景品の種類】
【景品の例外】


<<還元率について 簡易用語集>>
トップへ
携帯アクセス解析